懐かしい建物のスケッチ(2)

3.11の地震で、瓦屋根は随分被害にあいました。瓦は他の屋根
葺き材に比べて重く地震に対しては不利な材料かもしれませんが、
耐久性や断熱性に優れ、和風の建物には欠くことのできない素材
です。しかしながら近年、住宅の屋根からその姿を消しつつあるこ
とは大変残念です。

■弓道場のある住宅。
瓦葺だった屋根は、その形状を残して、金属板で葺き替えられ、
窓の目隠しは、羽目板からアルミガラリに改修されていますが、
昔の雰囲気を上手に保っています。
ja31#002-360

■洋室を持つ和風住宅。
玄関先に一部屋だけ、モダンな洋室を取り付けた瓦屋根の和風
住宅。最近木部の修繕工事をされたようですが、いまだ住人は
いません。
ja31#001-360

残しておきたい風景は、まだまだあるのです。

もう少し点景など手を入れる予定でしたが、何時になることやら・・・
2月になってしまいましたので、とりあえず掲載しました。
以前に掲載した 懐かしい建物のスケッチ はこちら。

FNS・フジネットワーク緊急災害時 動物支援本部Natural Dog Style
スポンサーサイト

懐かしい建物のスケッチ

我が家の近くで見慣れた建物がしだいに姿を変えていきます。
瓦葺の屋根はどんどん無くなっていき、建物とともに思い出の記憶も薄らいで
いくような気がします。時の流れにより仕方の無いことなのかもしれませんが、
せめて古きよき時代の建物を記憶に留めておきたい。

■昨年('09)夏で廃業し、マンションに建て変わる ”玉の湯” 
昨年末に解体され、現在 躯体工事中で年内に竣工予定。
玉の湯s-360

この建物になる前の建物(木造)を知らないが、以前の木造建築の飾り物
などを部分的に流用保存しながらこの建物を作った様子が伺える。

■このあたりで唯一残っている女子大通り沿いの出桁建築。
関東大震災以前の建物らしいので、大凡90年の歳月に耐えた年輪が感じられる。
出桁建築s-360

住人はいない様子で痛みもひどく、今後の存続も危ういと思われる。

■地元の大きなお屋敷の一角に残っている蔵。
漆喰壁の痛んだ部分で、土の色を知ることが出来る。
FU邸蔵s-360

残念ながら近寄ることはできないが、残っていて欲しい建物の一つ。

これらの建物のスケッチをすることで、より鮮明に記憶に留めておきたい。

この建物の写真を懐かしい建物として'09.10.13.にブログに掲載しましたので
興味のある方は色文字部をクリックしてみて下さい。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

水絵のパースなど

たまに水絵を描きます。少し紹介します。

近くのお気に入りのパン屋さんです。
残念ながら一駅向こうに移転してしまいました。
パンやさん-360

横浜の友人の住まいです。
完成予想図(パース)として描きましたが、多少変更になりました。
すまいの外観パース-360

友人の住まいのインテリアパースです。
吹き抜けを介したダイナミックな空間を一枚に詰め込んで見ました。
すまい内観パース-360

チョット遊びで描いてみました。車を描くのは好きです。
空飛ぶミニ-360

時の流れとともに消えてしまうかもしれない
近隣の懐かしい建物のスケッチを、出来ればと思っています。

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

プロフィール

Archi・Craft F

Author:Archi・Craft F
■ 東京杉並の一級建築士事務所です。
■ エアデールテリアと暮す住まいは如何?
■ 住宅を中心に、音楽ホールから美術館まで
■ ご要望にピッタリのオンリーワンの設計と、生活を豊かにするプラスワンの提案をさせていただきます。
開設:2010年01月

ご連絡はこちらから
建築やインテリアに関することなど、何でもお気軽にご相談ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR